ビジネスを右肩上がりにする方法

ビジネスを右肩上がりにする方法

どうも、臼山です。

 

今回はビジネスを右肩上がりにする方法についての動画講義です。

 

下記の動画をご覧頂いて、結果が出る思考をインストールして下さい。

 



動画講義のレジュメ


 

ビジネスをする以上、誰しもが右肩上がりでいたいと思うはずです。

 

右肩上がりにする方法は非常にシンプルで、

奢らず愚直に腕を磨いて実力を上げること。

 

これだけで右肩上がりになってきます。

 

満足してしまうと知性も感性も鈍るので注意が必要です。

 

自分の腕の磨きあげる方法も非常にシンプルで

正しい方向で膨大な量を全速力でこなすこと。

 

これだけで自分の腕をはどんどん上がっていきます。

 

腕(実力)が上がれば当然に収入は右肩上がりになってきます。

 

実力が上がれば目に見えて変化を感じることができます。

 

それはどんどん「楽」になっていくという現象を体感できます。

 

実力が上がれば上がるほど楽になっていくのです。

 

例えば、僕はメール1通送って1日後には

1億円を軽く超えるお金を稼いでいます。

 

メール1通送るだけですから、非常に楽だということがいえます。

 

当然にこの実力まで到達するには膨大な量をこなしてきました。

 

そのおかげで実力がつき楽に稼げるようになってきているわけです。

 

ただし、注意として楽を求めすぎてそれに一旦味を占めてしまうと

終わりの始まりですから注意が必要です。貧乏になっていきます。

 

特に若いうちから味を占めてしまうと後が悲惨です。

 

どんどん怠惰になって貧乏になるという現象が起きるのです。

 

なので、奢らず満足せずに実力をどんどんつけてきます。

 

そして、

 

実力がついて目標を次々と達成していったら

コアやミッションをどんどん修正していきます。

 

1つ目標が叶うということは1つ目標を失うということです。

 

目標を失えばモチベーションの拠り所がなくなります。

 

なので、自分のステージに合わせたコアやミッションを修正していきます。

 

僕も実力があがってステージが上がり感性が高くなるにつれて

その感性に合わせたコアやミッションに少しずつしています。

 

そうすることでモチベーションが持続できるのです。

 

コアやミッションでの修正で気をつけたいことは

お金だけを追いかけることを避けるということです。

 

お金だけを追いかけるとすごくきつくなります。

 

大金を稼いでも満足度はある一定ラインから比例して高まらず

貯金通帳に記帳される数字が大きくなるだけになっていきます。

 

毎月100万円ぐらいまではお金に固執してもいいですが、

それ以上の金額を稼ぐ場合は注意が必要になります。

 

月収100万円稼いだら月収1000万円、

月収1000万円を稼いだら月収1億円・・・、

とキリがなくなってくるのです。

 

一般の金銭感覚であれば毎月100万円もあれば裕福な生活が送れます。

 

高水準な生活が手に入るわけなので、満足してしまうのです。

 

満足してしまったことをさらに引き上げていくのは厳しいと言わざるをえない。

 

お金だけを追い求めるとすぐに限界がおとずれて

厳しいのでお金以外の部分を修正していきます。

 

お金だけを追いかけるとかなりきつくなるので注意してくださいね。

 

それでは、最後までお読みいただいてありがとうございました。


公式メルマガはこちら

Nカレッジ

いつも下記の記事をお読み頂きありがとうございます

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

about

Mr.N


インターネットを使ったマーケター・コピーライター・プロモーター・クリエイター・コンサルタントとして主に活動し、影響力のあるリーダーの育成・輩出にも全力を注いでいます。 本格的なマネタイズをはじめ幸せな人生に必要なことが学べる教育機関を創設して、目の前の人と向き合い共に進んでいきます。

最新記事一覧

最近の投稿

categorise

  • モデリング
  • マインドセット
  • インテリジェンス
  • タックス
  • ファイナンス
  • マーケティング
  • マーケティングリサーチ
  • アフィリエイト
  • リストビルディング
  • SEO・アクセスアップ
  • ワードプレス
  • コピーライティング
  • クロージング
  • ブランディング
  • コンサルティング
  • テストモニュアル
  • バックナンバー
  • エトセトラ
  • お問い合わせフォーム

    PAGE TOP ↑