YouTubeの使い方

YouTubeの使い方

どうも、臼山です。

 

今回はYouTube(ユーチューブ)の使い方についての解説動画です。

 

下記の動画をご覧頂いて、動画の手順通りにやってみて下さい。

 



 

カムタジアスタジオなどで作成した動画を

アップロードするときにYouTubeを使います。

 

YouTubeへのアクセスはこちらをクリック

 

YouTubeは無料で動画をアップロードでき

スマホにも対応してるのでオススメです。

 

以前の僕は自分のサーバーにアップロードして動画を公開していましたが、

その場合は爆発的なアクセスがきてしまうとサーバーが落ちてしまいます。

 

1つの動画のサイズが大きいのでアクセスが

一気にくるとサーバーが落ちてしまいます。

 

以前の僕は400本以上の動画をXサーバーにアップロードしていましたが、

僕の実績や実力があがるにつれてブログにアクセスが増えてきたので、

世界で最も強いといって過言ではないYouTubeに動画を全て移動しました。

 

YouTubeに動画をアップロードしておけばサーバーが落ちて

動画にアクセスできず視聴できなくなることがないので良いです。

 

また、

 

YouTubeは動画をそのまま倍速視聴することも可能です。

 

あなたがグーグルクロムを利用しているのであれば、

YouTube右下の『設定』→『速度』から

動画の倍速視聴が可能ができるので試してみて下さい。

 

非常に素晴らしいYouTubeですが注意点が3つ。

 

第1の注意点として、

 

YouTube動画を僕のブログのように共有する場合は

動画終了時に関連表示を必ずなくすようにします。

 

関連表示をつけてしまうとビジネスに関係ない動画が出現して

エンターテイメントなどの関連表示に視聴者が移動します。

 

なので、関連表示は必ずオフにするようにしてください。

 

第2の注意点として、

 

YouTube広告(アドセンス)は基本的に表示しないで下さい。

 

アドセンス報酬目的で動画を公開している場合はOKですが、

そうでない場合はYouTube広告は表示しないようにします。

 

意図しない広告をクリックされてしまうと視聴者が動画から離脱するからです。

 

自分が意図しない広告は表示しないようしてください。

 

第3の注意点として、

 

基本的にMP4ファイル形式で動画をアップロードしますが、

MP4ファイル形式の音源は必ず保存するようにして下さい。

 

確かにYouTubeは素晴らしいアップロード先なのですが、

自分のサーバーにアップロードするわけではないので、

もしものことを考えてバックアップ(音源)は保存しておきます。

 

動画の場合はファイル形式の容量が非常に大きいので、

PC内に保存してしまうとPCの容量が埋まってしまうので、

必ず外付けHDを購入してそちらに保存されてください。

 

外付けHDは大型家電量販店で1万円前後で販売されています。

 

YouTubeはは動画のアップロードにオススメなので、

上記動画の手順通りに実践して使い方を覚えて下さい。

 

それでは、最後までお読みいただいてありがとうございました。


公式メルマガはこちら

Nカレッジ

いつも下記の記事をお読み頂きありがとうございます

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

about

Mr.N


インターネットを使ったマーケター・コピーライター・プロモーター・クリエイター・コンサルタントとして主に活動し、影響力のあるリーダーの育成・輩出にも全力を注いでいます。 本格的なマネタイズをはじめ幸せな人生に必要なことが学べる教育機関を創設して、目の前の人と向き合い共に進んでいきます。

最新記事一覧

最近の投稿

categorise

  • モデリング
  • マインドセット
  • インテリジェンス
  • タックス
  • ファイナンス
  • マーケティング
  • マーケティングリサーチ
  • アフィリエイト
  • リストビルディング
  • SEO・アクセスアップ
  • ワードプレス
  • コピーライティング
  • クロージング
  • ブランディング
  • コンサルティング
  • テストモニュアル
  • バックナンバー
  • エトセトラ
  • お問い合わせフォーム

    PAGE TOP ↑